インパクトドライバ

電動工具の中でもっとも使用される場面の多い、インパクトドライバ。

専門の人から一般の家庭まで幅広く利用される工具になります。

 

リチウムイオン電池の登場前は100V電源のコード式インパクトドライが主流でした。
現在ではバッテリの進化が進み、充電式インパクトドライバ利用者がほとんどになりました。
一般家庭向けとしては3.6~7.2Vあれば作業に困ることはなく、14.4V、18Vがプロ向けとして利用されることが多いです。

 

インパクトドライバの種類

・4モードインパクトドライバ

 インパクトモード、振動モード、ドリルモード、ネジ締めモードと切り替えのできるマルチインパクトドライバ

 

・ソフトインパクトドライバ

・コーナーインパクトドライバ(アングルインパクトドライバ)

・ペン型インパクトドライバ(ドライバードリル)

 

主なメーカー

・マキタ/makita

・日立工機(ハイコーキ)

・パナソニック/Panasonic

・ボッシュ/BOSCH

 

その他のメーカー

・ヒルティ(HILTI)

・リョービ(RYOBI)

・ブラック&デッカー(BLACK&DECKER)

・マックス(MAX)

・空研(KUKEN)

 etc

過去の買取商品

ヒタチ 36V インパクトドライバ
マキタ 4モード インパクトドライバ
BLACK&DECKER/ブラック&デッカー インパクトドライバ
ナショナル 12V インパクトドライバ
マキタ 9.6V インパクトドライバ
日立 36V インパクトドライバ
リョービ 18V インパクトドライバ
BLACK&DECKER/ブラック&デッカー インパクトドライバ
パナソニック 14.4V インパクトドライバ
MAX エアーインパクトドライバ